電子かわら版

40代の舞台俳優が自身の成長のために、身近に役立つことや、いろんな気になる情報を発信していきます。

電子かわら版
Pocket
LINEで送る

雨の日に子どもと家の中で
お金をかけずに楽しく過ごす究極の方法7選

2018年06月24日 [ 子ども ]
Pocket
LINEで送る

6月

梅雨のシーズン到来ですね。
日本は四季があるので、外せない風物詩です。

私は個人的に雨は嫌いではないのですが、

そうでない方もいます。

「雨は憂鬱になるから」
「ジメジメしたのが嫌い」
「出かけるのが億劫」

ましてや小さい子どもは、家の中でバタバタして

うるさいし、家事も進まない!

 

「どうしたら大人しく

 してくれるのぉ~?(;O;)」

 

だったら、いっそのこと一緒に

楽しく過ごしちゃいましょう!!

 

子どもと楽しく過ごす①

「お絵描き・ぬり絵」

「お絵描き フリー素材」の画像検索結果

 

子どもはお絵かきが大好き!

 

家中いろんなところにいたずら描きしちゃう。

 

私も子どものころは押入れの戸に

いろんなお絵かきをしてしまいました。

 (お母さんごめんなさい🙇)

 

広告の裏だったら気にせずに

いろいろお絵かき出来るので経費もかかりません。

 

ぬり絵もサイトで検索すれば種類も豊富!

 

プリントアウトにちょっとだけ

手間と経費(ネットプリントで1枚20円くらい)が

かかりますが、子どものいろんな面を見られるので、成長も実感できますよ。

 

子どもと楽しく過ごす②

「お菓子・料理作り」

「フリー画像 お菓子作り」の画像検索結果

 

子どもが女の子であれば、

お菓子作りに興味を持ってきます。

 

材料を揃えるところから焼きあがるまでの工程まで

時間を要するので、あっという間です。

 

焼き上がれば食べての感想も聞けるので、

「じゃあ、今度はこう工夫しようね」と、

子どもの次の楽しみも増えます。

 

料理でしたら、夕飯のお手伝いを

してもらいましょう。

 

小さいお子さんなら、

ハンバーグや餃子のタネ作りを。

 

小学生くらいなら包丁の扱い方のレクチャーなど

教えるいいきっかけになります。

 

これで料理作りに興味を持ってくれれば

将来が楽しみ(?)ですね!

 

子どもと楽しく過ごす③

「お風呂掃除」

「フリー画像 お風呂掃除」の画像検索結果

外出て雨で濡れるのも、

お風呂掃除で濡れるのも一緒。

 

だったら楽しくお風呂掃除しちゃいましょう!

 

濡れる非日常感を味わえるので

遊びすぎちゃうかもしれませんが、

お風呂がきれいになれば気持ちもスッキリ!

 

ただし、洗剤を使用するので誤飲や目に入るなど

注意が必要です。

 

子どもと楽しく過ごす④

「読書・読み聞かせ」

「フリー画像 読み聞かせ」の画像検索結果

 

本を読んで、知的好奇心を沸かせましょう。

 

読み終わって感想を聞くようにすればイメージが

広がり創造力を養えます。

 

その力で企業や科学者になるかもしれません。

 

ただ、いろんな「なんで?」「どうして?」が

出てきますので、それに答えるのに

疲れてしまうかも・・・?

 

子どもと楽しく過ごす⑤

「ゲーム」

「フリー画像 トランプで遊ぶ」の画像検索結果

 

ゲームと言ってもTVゲームではありません。

 

トランプや将棋、リバーシで遊びましょう!

 

昔からあるものは、いつの時代でも楽しめるから

現代にも続いているのです。

 

ルールがまだ理解しづらい年齢なら、

オリジナルルールを作って楽しむのも盛り上がります。

 

子どもと楽しく過ごす⑥

「DVDを見る」

「フリー画像 DVD鑑賞 イラスト」の画像検索結果

 

たまにはゆっくりDVD鑑賞も。

 

といっても子どもと一緒ですから

アニメが多くなると思いますが、

改めて見ると「ハッ」とさせられることも

ありますよ。

 

子どもと楽しく過ごす⑦

「お話作り」

「フリー画像 お話 イラスト」の画像検索結果

 

昔話をベースにいろんなお話作りを

してはいかがでしょうか?

 

子どもならでは発想が新たな発見ですし、

「ここで桃太郎は言いました。

 何て言ったと思う?」

と役割を与えてみるのもおもしろいですよ。

 

 

雨だと外に出づらかったり、

洗濯物が乾かないなど、

いろいろと不便もありますが、

見方を変えれば楽しみ方もいろいろ。

 

ここで挙げたのは一例ですので、

親子で楽しい時間を作ってみてください。

 

小さい頃の体験が糧になります。

 

可能性は無限大!(^^)v

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です