電子かわら版

40代の舞台俳優が自身の成長のために、身近に役立つことや、いろんな気になる情報を発信していきます。

電子かわら版
Pocket
LINEで送る

猛暑を涼しく過ごす!
関東近郊の真夏の恐い体験イベントおすすめ3選

2018年08月15日 [ イベント 怖い ]
Pocket
LINEで送る

8月も半ばに入りましたね!

 

例年のように猛暑となっていますが、

この暑さはとても耐えられません(>_<)

 

この暑さを避けるべく、

みなさんはどのように涼んでいますか?

 

・クーラーの効いたデパートで過ごす。

 

・海やプールで楽しみながら過ごす。

 

・図書館で好きな本を読みながら過ごす。

 

いろんな涼み方がありますが、

 

背筋が

 

“ゾクッ”

 

となるような涼み方はいかがでしょうか?

 

今回は関東を中心とした

怖~いスポットをお伝えしたいと思います。

 

あなたは最後まで読むことが

できるでしょうか?

 

ここから先は、

心臓の弱い方はご覧にならないでください…。

 

「恐怖 フリー素材 イラスト」の画像検索結果

 

 

猛暑を涼しく過ごす!関東近郊の真夏の恐い体験イベントおすすめ3選

 

 

怖さを「体験」して涼む

 

怖さの体験型として定番のお化け屋敷。

 

近年は怖さのレベルが

ハンパなく高くなっていて、

入ってから出口までたどり着くことが

できなくなるくらいの怖さです。

 

それでも体験したいと思うのが、人の性。

 

まずはこちら。

 

 

「富士急ハイランド」

【絶凶・戦慄迷宮 〜血塗られた人骨病棟〜】

 

【写真を見る】※閲覧注意 最恐のホラーハウスにあなたは挑戦できるか!?

 

400万人以上が体験した

世界最大級のホラーアトラクション。

 

舞台は廃墟となった総合病院で、

視覚だけにとどまらず、うめき声や、

消毒薬の臭いなど、聴覚や触覚など

五感を刺激する仕掛けが恐さを倍増させます。

 

地下道路など900mを進む

 

歩行距離は約900mで所要時間は50分!

 

ホラーハウスでは史上最長とされ

真っ暗な暗闇通路や

壁一面に人骨が積み上げられた

地下通路を通らなければならない。

 

リタイア続出のホラーハウス。

あなたは最後まで辿り着くことが

できるだろうか?

 

それとも

 

永遠にさまよい続けるのだろうか…。

 

(アトラクション1000円。入園料別途)

詳しくは、富士急ハイランド

https://www.fujiq.jp/attraction/senritsu.html

 

 

猛暑を涼しく過ごす!近郊の真夏の恐い体験イベントおすすめ3選

 

つづいて

 

夜の美術館×お化け屋敷

横浜大世界アートリックミュージアム

ホラーイベント「THE WITCH(ザ・ウィッチ)」

 

 女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」

 

中華街最大級の

エンターテインメント施設である

横浜大世界の

アートリックミュージアム(同施設 4〜8F)が

お化け屋敷とコラボ。

 

絵画の持つ奇妙な力をテーマに展開されてい

夜のアートリックミュージアムを使った

史上初のダウンステア式お化け屋敷。

 

ダウンステア式お化け屋敷とは

海外のお化け屋敷などに取り入れられている

最初にエレベーターを使って最上階まで上がり

1フロアずつ下に降りながら楽しめる

エンターテインメントシステム。

 

館内にはステージも用意されており

フロアを降りていくごとに

絵画と恐怖があなたを不思議な世界へと導く…。

 

THE・WITCH(ザ・ウィッチ)
会場:横浜大世界アートリックミュージアム4F-8F
(神奈川県横浜市中区山下町97)
期間:2018年
8月
3・4・5日
17・18・19日
24・25・26日、31日
9月
1・2日
計12日間
時間:各日18:00~22:15(受付終了 21:30)
※初日のみ 18:15~22:15(受付終了 21:30)
参加料金
(前売りチケット)2,900円
(当日チケット)3,500円(税込)
※当日券は現地でのお支払いとなります。
参加枠の状況により
ご参加いただけない可能性もあります。
備考 
15歳以下(中学生不可)の方は
ご参加いただけません。
参加申し込みの前に
必ず当サイトの注意事項を確認下さい。
ギミホラ公式サイト http://www.gimihora.com/

 

 

猛暑を涼しく過ごす!関東近郊の真夏の恐い体験イベントおすすめ3選

 

3つ目はミッションクリア型お化け屋敷

 

畏怖 咽び家

一軒家丸ごと使用した

新感覚ミッションクリア型恐怖屋敷!!


夏休み期間中は毎日営業+延長営業!

 

このアトラクションは、

オバケンの拠点である東京方南町で

2017年6月より開催されている常設お化け屋敷。

 

(オバケンとは、

東京都杉並区方南町の住宅街にある、

ミッションクリア型の

ホラーアトラクション(お化け屋敷)。

キャッチコピーは

「なぜこんな所にお化け屋敷が!?」)

 

今回は期間ごとに順次追加されていく

4つの章から成り立っており

古民家を自由に探索する

新感覚ホラーアトラクションです。

 

貴方は一軒家に

隠された謎や数々の試練を乗り越え、

この呪われた家から

脱出しなくてはなりません 。

 

ただし、この家には数々の人間を

殺害してきた凶悪犯がいます。 

 

住人に気づかれぬ様、

ミッションを遂行してください。

 

もし、気づかれてしまうと…。。。 

 

 

畏怖 咽び家(いふ むせびや)

 

日程:
2018年7月23日(月)〜 8月31日(金)
14:00〜21:00
定休日:なし

2018年9月1日(土)〜
平日14:00〜21:00
土日祝12:00〜21:00
定休日:火曜

 

会場
方南町のとある民家

※料金や予約方法などはこちら

http://obakensan.com/if/

 

猛暑を涼しく過ごす!関東近郊の真夏の最恐体験イベントおすすめ3選

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

え?

 

まだ怖さが足りないって?

 

そんなこと言っていいんですか?

 

再び足を踏み入れて

二度と戻ってこれなくなっても知りませんよ。

 

また、お会いいたしましょう…。

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です