電子かわら版

40代の舞台俳優が自身の成長のために、身近に役立つことや、いろんな気になる情報を発信していきます。

電子かわら版
Pocket
LINEで送る

花火大会は夏の風物詩!
場所取りも思い出になる必要なもの3つの心得

2018年07月10日 [ 場所取り 花火 ]
Pocket
LINEで送る

夏といえば、海、山、川遊び、プール、

すいか、かき氷、そして花火。

 

大人でも童心になって

ワクワクさせられるイベントごとがいっぱい!(>o<)

 

今では年中観ることができますが、

花火は観終わった後の、

夏の終わってしまう感が

寂しさを感じさせられます。

 

でも花火大会は楽しむ前の準備はとっても大変!

 

そこで今回は花火大会に参加する際に

必要なことをお届けしたいと思います。

 

最後までお楽しみください!

 

 

花火大会は夏の風物詩!場所取りも思い出になる必要なもの3つの心得

 

1 日程・場所の確認

「フリー素材 カレンダー 7月」の画像検索結果

 

実はこれが一番大事!

 

思い込みで過ごして、

 

「あれー、昨日だったのかー(>_<)」

 

なんてことにならないように

注意しなければなりません。

 

特に車で会場まで行く場合、

駐車のことも考えなければいけません。

 

事前に調べて当日慌てることの

ないようにしましょう。

 

花火大会は夏の風物詩!場所取りも思い出になる必要なもの3つの心得

2 場所取り

「フリー素材 場所取り」の画像検索結果

 

日程・場所をチェックしたら観る場所の確保です。

 

大きな会場であれば有料席を取って観られますが、

有料席には限りがありますので、

取れなかった時は場所を

確保しなければなりません。

 

場所取りするために必要なものとして

 

・ブルーシート

 (人数が確保できるだけの大きさを用意)

 

・ガムテープや重し

 (風で飛ばされないため)

 

・座布団やクッション

 (長時間座るのでお尻が痛くならないように)

 

・ゴミ袋

 (会場にポイ捨てするなんてもってのほか!

 ゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。)

 

・目印になるもの

 (会場は暗い上に想像以上の人込みです。

 仲間内でわかるものを用意することを

 おすすめします。)

 

・虫よけスプレー、かゆみ止め

 (川沿いなどは虫が結構います。)

 

・携帯ウェットティッシュ

 (近くに水道がない場合は重宝します。)

 

・日除け道具

 (早いうちから場所取りすることに

 なるので熱中症対策。

 倒れて観れないのでは元も子もありません。)

 

・冷却道具

 (冷却シートやスプレー、汗拭きシートなど。)

 

・雨具

 (急な雨対策。傘よりは合羽の方がおすすめ。)

 

・タオル

 (汗拭き用や汚れても良いもの。)

 

・ペットボトルを凍らせたもの

 (長丁場ですので、暑さ対策と飲料として)

 

・食料

 (会場で購入もできますが、

  思った以上に買いすぎて、

  場所まで持ち帰るのに困難。)

 

・時間潰しできるもの

 (スマホでのゲームは電池無くなって

 連絡取れなくなる可能性があるので、

 別の携帯できるゲームか本など。)

 

・1人で場所取りしない

 (トイレなど持ち場を離れた際に

 場所がなくなってたなんてことも。

 取られたとしても何も言えません。

 必ず2人以上で。)

 

場所取りは重要ですので、

 

これでもか!

 

というくらいの事前準備をしておいてくださいね。

 

花火大会は夏の風物詩!場所取りも思い出になる必要なもの3つの心得

 

3 重要! 忘れがちだけど必要なもの!

「フリー素材 重要」の画像検索結果

 

花火を楽しみにワクワクしてると思いますが、

 

「しまった~!」

 

となってしまわないように

 

【携帯バッテリー】

 電池が切れて連絡取れないなんてならないように。

 

帰りの電車時間】

 駅までの道のり、駅について電車に乗るまでの

 人込みは半端ではないので、通常の30分以上は

 時間がかかると思っておいた方がいいでしょう。

 

 遠くから来ている方は

 「終電を逃した‼」

 なんてことのないように

 十分な余裕を持って行動するように

 心がけましょう。

 

【マナー】

 これは本当に重要!

 

 ・地元住民の方への配慮

 

 ・人数以上の余分な場所取りをしない

 

 ・自分たちで出したゴミは、

  自分たちで持ち帰る

 

特に、地元住民への配慮

ゴミの持ち帰りは徹底しないと、

来年以降開催されなくなるなんてことが

あるかもしれません!

 

マナーを考え、

気持ちよく楽しめる環境作りが大切です。

 

花火大会は夏の風物詩!場所取りも思い出になる必要なもの3つの心得

 

  まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

楽しむためにはそれ以上の準備は必要なもの。

 

そんな苦労を忘れるくらい、

花火の魅力は思い出になりますよね。

 

今回の記事がみなさんの

お手伝いになれば本望です。

 

素敵な夏をお過ごしください!\(^o^)/

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です