電子かわら版

40代の舞台俳優が自身の成長のために、身近に役立つことや、いろんな気になる情報を発信していきます。

電子かわら版
Pocket
LINEで送る

アレサ・フランクリンの遺した偉大な偉業と
おすすめの代表曲3選

2018年08月17日 [ アレサ・フランクリン ]
Pocket
LINEで送る

2018年8月16日

ミシガン州デトロイトの自宅で膵臓癌のため、

アレサ・フランクリンがこの世を去りました。

 

76年生きた中で、

彼女はアメリカの音楽業界でたくさんの

貢献と偉業を成し遂げてきました。

 

今回はアレサ・フランクリンの

偉業と代表曲をお伝えしたいと思います。

 

最後までごゆっくりお楽しみください。

 

アレサ・フランクリンの遺した偉大な偉業とおすすめの代表曲3選

 

1 両親がスゴい!

 

アレサ・フランクリンは、

父親は牧師 (宣教師) のC・L・フランクリン、

母親はゴスペル歌手

バーバラ・シガーズ・フランクリンの間に、

1942年3月25日アメリカ南部の

メンフィスで生まれました。

 

父のC・L・フランクリンは

16歳の時に説教者になり、

黒人教会を回る巡回説教者として

活動していました。

 

アレサが4歳の時、 デトロイトに移り、

ニュー・ベセル・バプテスト教会を建てて

主任牧師として活動しました。

ニュー・ベセル教会における務めの傍ら、

日曜日にはラジオを通じて説教の放送も行い、

’40年代後半から’50年代にかけて

フランクリン牧師の名声は高まり、

全米各地で説教をおこなうようにもなりました。

 

フランクリン牧師の声は

「100万ドルの声」と評され、

初めてレコードに説教を

録音した牧師 (の1人) としても有名です。

 

また、素晴らしい歌声も説教と

同じくらいによく知られていました。

フランクリン師は牧師としての仕事に加え、

’50年代から’60年代にかけては

公民権運動に関わり、

デトロイトにおける全米自動車労働組合 (UAW)の

黒人労働者に対する差別を撤廃させるために

尽力しました。

 

一方、母親の

バーバラ・シガーズ・フランクリンは

『全米で最も優れたゴスペル歌手のひとり』と

称賛するほど 優れたシンガーでした。

 

アレサ自身の才能は

両親譲りであったことがわかります。

 

アレサ・フランクリンの遺した偉大な偉業とおすすめの代表曲3選

 

2 アメリカ黒人女性歌手としての偉業がスゴい!

 

アレサは、オーティス・レディングのカバー曲

「リスペクト」で全米1位になり、

一躍注目を浴びました。

 

ゴスペルの影響が色濃い、

パワフルな歌声を持ち味に、

カバー曲でさえも独自の世界観に染め上げました。

 

’87年には女性で初のロックの

殿堂入りを果たしました。

 

殿堂入りの条件としてデビュー後25年なのですが、

アレサは’61年デビューなので

資格を得たのは ’86年。

 

つまり資格獲得後にすぐ殿堂入りしたわけで、

ロック~ポピュラー音楽への

アレサの貢献ぶりがわかります。

 

この『殿堂』はロック以外にも

R&B, ゴスペルがあり、

アレサはどちらの殿堂にも選ばれています。

(2011年にゴスペル殿堂, 2012年にR&B殿堂)

 

他の受賞歴からもアレサの特別ぶりはよくわかり、

グラミー賞は21回受賞していて女性最多です。

 

2005年にはアメリカ合衆国 自由勲章にも選ばれ、

これはアメリカで最も栄誉ある勲章で、

ブッシュ大統領から受け取りました。 

 

その他、2008年にローリングストーン誌で

『史上最高のシンガー』に選ばれほか、

2010年にはアポロシアターの殿堂入りもしました。

 

黒人と白人の差別が激しかった当時、

音楽も黒人と白人の聞くものは、

わかるほどに明確に分かれていましたが、

両方から認められ、今でも愛されるのは、

彼女が唯一無二の存在であったという証なのです。

 

アレサ・フランクリンの遺した偉大な偉業とおすすめの代表曲3選

 

3 アレサ・フランクリンの代表曲

 

「ナチュラルウーマン」

アレサ・フランクリンの代表曲として

必ず挙げられるのが「ナチュラルウーマン」

 

20151年12月アメリカで行われた

ケネディ・センター名誉賞の

祝賀公演の動画ですが、

キャロル・キングが子供のようにはしゃぎ、

オバマ元大統領が涙を流しています。

キャロル・キングの隣にいるのは、

ジョージ・ルーカスです。

 

 

「小さな願い」

こちらもアレサ・フランクリンの代表曲。

この動画は8300万以上再生されています。

それだけで、もうスゴイです!

 

 

「明日に架ける橋」

サイモン&ガーファンクルの有名曲。

 

ゴスペルにアレンジされており、

当時アパルトヘイトで苦しんだ

南アフリカでヒットし、

教会で讃美歌として歌われるようになりました。

 

 

アレサ・フランクリンの遺した偉大な偉業とおすすめの代表曲3選

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

黒人差別の強かった当時、

人々は彼女の歌声に魅了され、

力をもらっていました。

 

音楽の力は偉大ですね。

 

ちなみに彼女は飛行機が嫌いで

来日公演は実現しなかったそうです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です